~~ プロローグ ~~
立て続けに『YAMAHA:BOLT(ボルト)』が売れた。
どうやら人気のようだ・・・。
“手軽に楽しめるアメリカンスタイル国産の安心感”が人気の理由だ。
「これは、仕入れるしかない!!
と、再度車両を仕入れた。
車両が届いたあたりから、悪い癖が出てきた。
「そのまま販売するのは流儀ではない」
少し、テイスト加え販売する事にした。

「みんなどんな改造をしているんだろう
とインターネットでショップ・プライベーター・個人のSNSなどを調べてみた。
すると、アメリカンスタイルでは定番カスタムである“ローダウン化”を行っている車両が一つも無かった。
「ナゼなんだ???
よくよく調べると、ローダウン(させる)部品が販売されていなかった。
「そうか・・・簡単には車高は下げられないんだなぁ・・・」
諦めて違うテイストのカスタムを考える事にした。

しかしそれ以降、車両を横から見るたびに
「何か変だな・・・」
「何か車高高いな・・・」
「何かリヤフェンダーとリヤタイヤの隙間が気になるな・・・」
と、違和感しか感じなくなった。

診断時、推測した箇所が原因だったり、想像したとおり作業が出来たり、イメージした物が作れたり、ことオートバイに関してだけだが、想像と現実の差が無くなってきたという自負がある。
「こうすれば、ボルトの車高を下げられそう」というアイデアが幾つかある。
そのどれかをヤッてみようと思う。

DSCF4087